第30回東北地区乗馬倶楽部振興会地区乗馬大会・令和3年度東北活動地域指導者競技会・令和3年度引退競走馬競技会

  • 実施日 令和3年10月23日(土)24日(日)
  • 会 場 仙北市馬術競技場(秋田県仙北市角館)
  • 主催 東北地区乗馬倶楽部振興会
  • 共催 公益社団法人全国乗馬倶楽部振興協会 全国乗馬指導者協会
  • 主管 乗馬クラブ エクセラ

競 技 種 目

10月23日(土)

第1競技 指導者馬場馬術競技 L1課目 (指導者資格保有者のみ)

第2競技 馬場馬術L1課目

第3競技 馬場馬術A2課目

第4競技 ランチライディング(ウエスタン競技)

第5競技 クロスバー障害(基準A238条2-1)

第6競技 ビギナー障害(H60㎝ 基準A238条2-1)

第7競技 Cクラス障害(H80㎝ 基準A238条2-1)

第8競技 Aクラス障害(H100㎝ 基準A238条2-1)

第9競技 Sクラス障害(H110㎝ 基準A238条2-1)

第10競技 指導者障害飛越競技(H110 基準A238条2-1)(指導者資格保有者のみ)

10月24日(日)

第11競技 クロスバー障害(基準A238条2-1)

第12競技 ビギナー障害(H60㎝ 基準A238条2-1)

第13競技 Cクラス障害(H80㎝ 基準A238条2-1)

第14競技 Aクラス障害(H100㎝ 基準A238条2-1)

第15競技 Sクラス障害(H110㎝ 基準A238条2-1)

第16競技 RRC障害馬術競技(H90㎝基準A274条2.1~2.6特別二段階走行競技)

第17競技 ジムカーナ競技

第18競技 馬場馬術競技 L1課目

第19競技 馬場馬術競技 A2課目

*エントリー締め切り次第、追って時間をお伝えします。

参加料

○ジムカーナ3,000円
○障害飛越競技4,000円
○馬場馬術競技4,000円
○指導者馬場馬術競技10,000円(指導者協会非会員は15,000円)
○指導者障害飛越競技10,000円(指導者協会非会員は15,000円)
○RRC障害馬術競技10,000円

指導者競技とRRC以外は東北地区乗馬倶楽部振興会加入クラブ所属選手は 1,000 円引きとします。

登録料

厩舎使用料込 1頭 5,000円

表彰

  • 各種目・班とも上位3位までを入賞とし賞品・賞状を授与いたします。
  • 全国乗馬倶楽部振興協会会長杯(第6、11競技の勝者に与えます)
  • 指導者競技は飼育奨励金として1位50,000円、2位25,000円、3位10,000円授与いたします。

申込み方法及び締切日

申込み先 〒014-0072 秋田県大仙市大曲西根字鳥居118
乗馬クラブエクセラ 東北地区普及乗馬大会実行委員会
TEL・FAX:018-768-3010
Eメール: excella@cameo.plala.or.jp 

締 切 令和3年10月8日(火)<必着> 
別紙申込書・入厩届に必要事項を記入の上、メールでお送りください。登録料、エントリー料は現金書留でお送りください。 

RRC(Retired Racehorse Cup)障害馬術競技実施要項 令和3年版

目 的:引退競走馬のセカンドキャリアとして、乗馬・馬術競技は従来から最も活躍してきた場であ り、その中の競技で上位入賞した引退競走馬を表彰等することにより、引退競走馬が更に多 く活用され、国民に馴染みの深い競走馬の引退後の活躍を紹介することができる。それに伴 い、乗馬・馬術の魅力を伝え、乗馬人口の増大を図り、更には引退競走馬の再調教技術の向

上と馬に関わる人材を育成することを目的として「奨励金」等を交付する。

『RRC』とは、Retired Racehorse Cup の略であり、引退競走馬杯と名付けた競技である。 競走馬登録されていたサラブレッドが引退し、リトレーニング後に乗用馬として用途変更し た際、以下の条件を満たしている場合に出場できる障害馬術競技である。
2021 年は、下記の 14 会場(各団体が主催する)で行われる競技会の期間中、障害馬術 1 種目を開催する。

1.出場馬の条件
公益財団法人ジャパン・スタッドブック・インターナショナルに血統登録(内国産、 外国産を問わず)され、日本中央競馬会、地方競馬全国協会の競走馬として最終レー スを平成 30(2018)年 1 月1 日以降の出走歴を持つ3歳以上の馬とする。また、未出走馬は年齢が3歳以上7歳以下とし、年齢は馬年齢(1月1日)を適応する。マイ クロチップ等を用いた個体識別を行う。 競走馬として出走を終えた若いサラブレッドが出場するので、馬のウェルフェア (FEI 馬のスポーツ憲章)に十分配慮すること。
各大会とも1種目に1頭の馬が複数回出場することはできない。
なお、同年に RRC 障害馬術競技に優勝した同一人馬での出場は不可とする。ただし、 種目(馬場馬術競技)または騎乗者を変更しての出場は可とする。

2.競技大会および競技種目
令和 3 年に開催される馬術競技大会の中で引退競走馬のみで構成される以下の障害 馬術競技とする。
各 14 大会を予選競技として各大会の上位 2 頭(順位繰り上げの場合あり)にファイ ナル競技の出場権を与え、最大 28 頭の決勝競技を行う。

競技は、日本馬術連盟(以下 J.E.F.という)競技会関連規程集(最新版)を準用する。

【予選競技】
J.E.F.小障害 B (90cm クラス)
基準 A 第 274 条 2.1~2.6(特別二段階走行競技) 11 障害 12 飛越(1 段階目 6 障害 7 飛越、2 段階目 5 障害)、分速 350m、1 種目とし、種目名は「RRC 障害馬術 競技」 とする。
各会場上位より 2 頭(順位繰り上げの場合あり)はファイナル競技に出場するこ と。
障害物のプランク等の使用は、全障害物数の 50%までとする。なお、コンビネー ション障害は 1 段階目に設置し横木のみで構成すること。

【ファイナル競技】
J.E.F.小障害 A (100cm クラス)
基準A 第238条2.2 10障害11飛越以内、分速350m以内 1種目とし、種目名は「RRC障害馬術競技ファイナル」 とする。 ※競技ルールは、競技進行上、変更する場合もある。 障害物のプランク等の使用は、全障害物数の 50%までとする。





3.開催会場及び日程
別紙、事業推進委員会にて選定した以下の会場で実施する。

4.出場者
1. 以下の資格または同等の技量を有する者とし、安全には十分留意して、参加団体及び馬の所有者が推薦する者。

  • 本協会 乗馬指導者資格
  • 本協会 乗馬技能認定2級以上
  • J.E.F. 騎乗者資格 B 級以上
  • 全日本学生馬術連盟騎乗者資格 SA 級
  • 全日本高等学校馬術連盟騎乗者資格 HB 級
  • 日本社会人団体馬術連盟騎乗者資格 A グレード
  • 日本乗馬少年団連盟 騎乗者資格中級以上

2.申し込みと同時に選手及び出場馬は、肖像権の使用に同意したとみなす。

5.出場料
1 回 ¥10,000 各主催者に支払う。(馬匹登録料等は各主催者の実施要項に基づく)

6.奨励金
完走した人馬が対象となり、下記の奨励金を授与する。

【予選競技】

・1種目100万円(優勝50万、2位20万、3位15万、4位10万、5位5万)

・クリアラウンド賞(減点 0 で走行した人馬)3万円

【ファイナル競技】
・総額 200 万円(優勝100万円、2位40万円、3位30万円、4位20万円、5位10万円)

・クリアラウンド賞 (減点0で走行した人馬)3万円 ・予算の範囲内で輸送費補助を支出する

7.表彰
上位 5 位までを入賞とし所有奨励金を交付する。なお、1 位から 3 位までにリボン (タスキ)を授与する。また、減点 0 で走行した人馬に対してクリアラウンド賞を贈 る。

8.申し込み等
別に定める「RRC(引退競走馬杯)出場申込用紙」と各主催者の実施要項に基づいて 必要な書類を指定された期日までに大会主催者へ提出すること。

9.そ の 他

  1. 競技会を撮影した動画、画像をホームページ等で放映する。
  2. 競技開始前までにマイクロチップ等を利用して馬の個体識別を行うので必ずマイクロチップ番号(馬の健康手帳の表紙の裏に貼付)を申込時に記載すること。
  3. 失権した人馬には奨励金は交付しない。
  4. 奨励金とクリアラウンド賞の交付は、各主催者から、該当馬の所有者に対して交付する。
  5. 競技終了後に出場馬の要件を満たしていないことなどが判明した場合は、奨励金等を返納し、以下順位を繰り上げて表彰する。
  6. この奨励金は、JRA 日本中央競馬会の競馬振興特別助成金により実施する。