もしあなたが乗馬クラブに入会しようかどうか迷っていたら、「乗馬ライセンス取得コース」に申し込んでみることをお勧めします。5級コースは初心者のためにあるので、乗馬経験がまったく無い人でもOK。十数回のレッスンで乗馬の基本がマスターできて、乗馬ライセンスも取得できます。 クラブに通いながら、そこはどんなクラブで、どんなスタッフや馬がいて、どんなレッスンをするのかも判ってくるはず。入会金を払ってクラブ会員になるのは、それからでも遅くありません。

技能認定のお申し込み〜5級ライセンス取得までの流れ

乗馬クラブへ予約

いきなり乗馬クラブを訪ねても、乗馬することができない場合もあります。
ですから、あらかじめ乗馬クラブに電話をして、予約をしてから出かけましょう。
その際、だいたい次のことを聞かれます。

  • あなたの名前と性別
  • 乗馬経験(無しでも構いません)
  • 頭と足のサイズ

年齢や身長、体重が極端な場合は、それも告げておいたほうがいいです。
障害がある場合は、必ず伝えておくべきです。そうすることによって、インストラクターは初めて訪れるあなたのことをイメージして、それに合った馬やレッスン内容を準備することができるので、乗馬がより安全で快適になることでしょう。 

STEP
1

レッスン

レッスンは、それぞれのインストラクターの考えややり方がありますが、最終的には次のような技能が身に付くことを目指しています。

ブリティッシュ

  • 馬の乗り降り
  • 手綱の持ち方と操作の仕方
  • 馬上体操
  • 発進と停止
  • 右折と左折
  • 常歩(なみあし)と軽速歩(けいはやあし)
  • 内方(ないほう)開き手綱の操作
  • 部班による図形運動と単独図形運動

ウエスタン

  • 馬の乗り降り
  • 手綱の持ち方と操作の仕方
  • 乗馬(マウント)・下馬(ディスマウント)
  • 停止(ストップ)・常歩(ウォーク)
  • 速足(ジョグ)

もちろん、これらのことが1日で全てマスターできるわけではありません。レッスンは何回か継続して行われ、少しずつステップアップしていきます。最初のレッスンが終わったら、次回以降のレッスン日時を予約しておくといいでしょう。人によっては、最初のうちは疲れたり、筋肉痛になったりしますので、無理のないよう体と相談しながら続けていけばいいと思います。ただし、あまり間隔が開きすぎると、前回のレッスンを忘れてしまうので注意しましょう。

STEP
2

検定

レッスンが全て終わったら、最後に検定が行われます。
検定には実技と筆記があり、検定員は全国乗馬倶楽部振興協会の公認インストラクターが務めます。いつもどおりやれば大丈夫。
馬はあなたの気持ちを敏感に察知しますので、あまり気負ったり緊張したりせず、リラックスして検定に望みましょう♪

STEP
3

念願のライセンスをゲット!

検定に合格すると、ライセンスが発行されます。
ライセンスカードは、あなたが頑張って初級技能をマスターしたことの証し。これで念願の「馬乗り」の仲間入りです。乗馬の基本がマスターできたのだから、いろんなことに挑戦して、夢をどんどん実現していきましょう。 

STEP
4

ポニーライダーライセンス

子どもたちが目標をもってポニーとふれあいながら心豊かに乗馬を楽しみ、心身の向上や馬の魅力・馬に対する理解を深めることを目指します。
乗馬が初めてのお子さんでも大丈夫です。例えば5級なら、えさをあげ、ブラッシング、引き馬などポニーに触れることから始め、2回のレッスンのあと審査します。また、合格者には各級ごとのオリジナル合格バッジを差し上げます。

対象者小学生から中学生
内容5級 3回(レッスン2回+審査1回)
4級 4回(レッスン3回+審査1回)
3級 5回(レッスン4回+審査1回)
2級 6回(レッスン5回+審査1回)
1級 7回(レッスン6回+審査1回)